スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明神平/装備

明神平に行く事に決まって、遊べる道具をそれぞれ持っていく事にしたから、重さをあまり意識しないでパッキングしていった。
P1040388.jpg
使えそうなものは車にすべて詰め込み、気温や自分の体調、時間などに合わせて出発前に道具を厳選してザックに詰めていく。

このときの遊べるものは、スラックラインと、Spinn Shelter。
Spinn Shelterは6月に手元に届き、シームシーリングをし、それからは畳んだままだった。
P1040304.jpg
久しぶりに建ててみて、やっぱり好きだな~って感じた★
虫の事とか、風の事とか考えると、困難点が出てくるけど居心地が良かった★

P1040270.jpg
最近修理したhubba hubba HP。
裏から、補修シートを貼って、縫って、シームをしたので以前より少し重くなってしまった・・。
626g→635g =9g
けど、大切なテントだから重くてもヘッチャラ!!(重いって感じるほどでもないけど♪)

P1040299.jpg
これは、枕。
左は、monの枕。中身はレインジャケットと換え靴下を薄いハンカチに包んで枕にしてみた。
右は、ikettiの枕。RIDGE RESTの切れ端の間に、いろはすの空ペットボトル。
お互い、オリジナル枕のおかげで早く寝られた★

P1040332.jpg
      ↑
      mon

P1040345.jpg
      ↑
      iketti

明細はまた後ほど★



mon
スポンサーサイト

明神平(2009.10/11→12)

P1040271.jpg

台風明け、どこの山も大変なことになってるだろうと思い、まだ安心してた明神平に行くことにしたけど・・・・この看板。
駐車場には、たくさんの車があり、大型バスが3台もとまっている。

看板の言うとおりやめようかとも考えたけど、まずは、見て確認して、判断しようと言うことに決まった。
アスファルト道を進み、砂利道に入ろうとした時、台風の足跡があった。
P1040276.jpg

バスの方々が60名ほど、続々と下りて来られた。
口々に、「こら~えらいこっちゃ!!君らは若いからいけるやろうけど、十分注意しいや~。」と。

こんな道がずっと続くの???
と思ったけど砂利道のところだけだった。
けど、すごい傷跡。
いつも、みんなでワイワイ並んで歩いている道が、流され川となり、今では1人ずつしか歩けない状態。
修復作業がかなりかかりそう。

川を渡るところは、いつもどおり変わりなく、渡れた。
テクテク山道を進み、あっという間に明神平についた。
P1040448.jpg

そしたら、2頭の仲良しな鹿たちがお出迎えしてくれた☆
P1040281.jpg

出発も遅かったので着いてのんびりしてたらきれいな夕焼けがひろがった★
P1040286.jpg


P1040292.jpg
ごはん食べて、コーヒー飲んで、夜空を眺めて、散歩して、就寝★

次の日の朝、、、別にテント泊されてた方の『すいませーん!!』
の呼びかけで目が覚めた。内容は『道教えてください。』とのこと。

呼びかけのおかげで、早起きができた♪
ヤッタネ!!
朝ご飯を食べて、コーヒー飲んでのんびり過ごして、スラックラインで楽しむ。
ザックを背負ったまま渡ったり、
P1040392.jpg
Jumpしたり、、、
P1040409.jpg

ikettiはかなり上達していた!!!!

スラックラインをしながらお昼ご飯を食べて、お散歩。
面白いキノコを見つけた!!そして細工してみた★
P1040368.jpgP1040369.jpg

横から撮った所キノコと、、、上から撮った同じキノコ。



細工をすると、、、、

P1040375.jpgHello!!!

可愛い鳥っぽくなったでしょ♪

あと、茶色いキノコに小枝を乗せて、モンスターみたいに♪

P1040385.jpg

そのあと、こんなことしたり、
P1040304.jpg

あんなことしたり、
P1040309.jpg

去年初めてSHMWの1周年でここにやってきて、今年またここにやってきた。
去年はここの場所にずらりとみんなが並んで写真を撮ったけど、今回は2人でパシャリ!!
P1040437.jpg

去年と比べると、ずいぶん色々と変わったな~って実感する。

色んな事を思い返しながら、そろそろ帰り支度をし、出発!!
P1040450.jpg

帰りもあの砂利道を通る。
自然の力ってすごい!!
P1040452.jpg

やっぱり人間が便利にしようと、人工物を取り入れた所が見事に流されてた。
自然には敵わない。。。
P1040463.jpg

自然の怖さも感じたけど、
秋らしい青空に包まれながら、ほんのり色づき始めた葉っぱたちに囲まれて、
P1040361.jpg

この日も楽しいピクニック??ハイキングでした★★
P1040477.jpg

もし、明神平に行く予定の方は十分気をつけてくださいね!
いつ道がつぶれるかも知れないので!!


mon

寝袋camp+2周年記念(2009.9/26)

だんだん肌寒くなってきました!!
秋の香りから、少しずつ冬の足音も聞こえ始めてきました★

この日は、ボランティアをしていた時の後輩たちがキャンプをしようと、誘ってくれた★
久しぶりのキャンプ場、久しぶりの仲間、すっごくワクワクしていた★

夜8時?くらいからみんなと合流し、火を囲んでワイワイなんでもない話を楽しくした。
焚火と言えば、マシュマロ!
camp

割り箸の先にマシュマロをつけて火にあてると、マシュマロがとろ~んて溶けて絶妙な感じになる♪
camp
ただ焼くだけでもおいしいけど、チョコを溶かして、チョコマシュマロにしてみたり、HOTドリンクを飲みながらマシュマロを頬張ったり、懐かしい話しに、花が咲いた♪

このキャンプの目的は、星空の下でコーヒーを飲み、夜空に囲まれながら寝袋で寝よう!!
っていうのが目的。なんて解りやすい!!
その目的通り、夜空の下でコーヒーを飲んだ。
次は、夜空に囲まれながら寝袋で寝る!の準備開始!!

camp

ブルーシートを敷いて、キャンプ場で借りた銀マットを敷いて、準備完了!!
夜空を見ながら、ゴロゴロ、ダラダラ(笑)
camp

そのままゴロゴロしたい気持ちもあったけど、、、、、
寝袋は持ってきてたけど、、、、、、
私たちは行かねばならないところがあるから早退!!!
camp

ヘッドライトを点けながら山を下り、車に乗って、 Sky High Mountain Works 二周年記念パーティー会場へ!!
到着したのは0時。
みんないい感じに盛り上がってた★
山は前から好きだったけど、こんなに好きになったのは去年Sky High Mountain Works1周年記念に参加させてもらってから。
こうして2周年をまた一緒にお祝い出来る事がとっても嬉しかった♪

今日は1日に楽しい事が2つもあって嬉しい事だらけでした★★



mon

2009.9/13-14 白山

どこかへ行こうとは思っていたがなかなか行き先が決められず前日にチブリ尾根経由~白山~別当出合コースを軽量装備で行く事に決めた。
前回は何もわからず30キロ近い荷物を背負って行ったので、今度は軽量装備で行ってみようと思い計画した。

今回は一泊二日なので
一日目/市ノ瀬~チブリ尾根~別山~南竜ヶ馬場
二日目/南竜ヶ馬場~白山~別当出合

前日の夜出発して市ノ瀬に着いたのが4時近く。即行で眠りにつこうとしたがなかなか寝つけずたぶん5時半ぐらいに寝て起きたのが8時半。
またまた出遅れてしまい9時半の出発になった。
P1010852_convert_20091005233730.jpg

hakusan
遅い出発ではあるが、荷物も軽く時間的にはそんなに急がなくても大丈夫そうなので、monちゃんにも楽なペースで歩いてもらい。ブナの原生林を楽しんだ。  

12:30 避難小屋着        
P1010866_20091005234808.jpg

15分程休憩をとり出発するが、そのあたりで寝不足からか長い登りの疲労からかmonちゃんが急にダウンし、ペースもかなり遅くなってきたので登りの途中で30分程寝てもらった。
その間、暇なので暖かいドリンクを作った。もんちゃんが目覚めたので飲んでもらい、心配なので半強制的にエネルギー系のジェルも飲んでもらった。

別山から南竜ヶ馬場までの稜線はちょっとだけ危ない場所もあるし、このままのペースでは別山にたどり着くのでさえ予定よりかかりそうなので、今のmonちゃんでは危ないかなと思って、残念やけどせっかくやし避難小屋で泊まるかそのまま帰ろうかと考えていた。

けど30分程寝たmonちゃんはちょっと回復したみたいで「もう大丈夫!」って元気そう、表情や顔色を見てもさっきよりだいぶ良くなってたので念入りに確認した後出発した。

monちゃんはそこらへんはいつもはっきり正直に伝えてくれるので助かる。

もう一度、疲れが見えたら引き返そうと決めていたけどホントに元気になっててよかった!

そういえば、この前長野で二ヶ月半ほど野外の勉強をしにいきましたが、その時に指導者や引率者の判断の重要性や危険予測などについても実践を通して学びました。、おもしろかったのは危険回避の方法や所要時間、それによって新しい危険に遭遇する可能性がある為、より早く、より的確に無駄な時間や力を使わずに危険を回避し同伴者を導かなければいけないとゆう考え方。(特に沢の場合?)

つまり、安全を守る為に完全な安全確保のシステムを用意、遂行するその所要時間そのものに危険が潜んでいて、その時間経過による見えないリスク(天候の変化、日没、落石、増水、低体温、集中力低下etc...)と今、目の前にある物理的なリスク(滑落、高所、etc...)のバランスを考え、そこで個人個人の運動能力、性格、スキルなどを考慮した上で、危険回避の方法を早急に割り出す事がベストとゆう考え方。
自分の持っていなかった発想でいい勉強になった。

軽量化の考え方とも似た構図の考え方だなと思いました。

改めて人を連れて行くって大変な事やと思ったし、複数で行くときはよく周りの状況を見ておかないと。
今回も出来るだけ考えながら行こうと思っていたのでmonちゃんの事についても冷静に考えてみた。安全について考えるクセをつけたい。



話は戻って、
別山までは様子を見つつゆっくり登る
P1010867.jpg


14:43 別山手前着
P1010871_20091005234758.jpg
前回に引き続きガスであたり一面真っ白。

hakusan
ここから後は体力的にしんどいトコはもうないので南竜ヶ馬場までの稜線歩きを楽しみたかったがずっとガスってた。途中、稜線上の池の中にサンショウウオを発見したので休憩がてら遊んでもらった。
hakusan hakusan

P1010885.jpg

16:48 南竜ヶ馬場着
P1010898.jpg

ここにきて急に冷え込んできたので着替えをしてテント張って、晩飯の用意をした。
ここで見る夕暮れはほんとにいい。別山から見る夕暮れも最高らしい。
P1010906.jpg

monちゃんからカーボンフェルトを少しだけもらったのでストーブと風防兼コジーを作ってみた。
筒型にして立てるのが適当に作ったなかでは一番効率がよかったので、筒型にして厚手アルミ箔で包んだだけ(不器用なもんで笑)。燃焼中も素手で持ち運びできて便利。CFについて、色々な方々が研究されてるのは知ってましたがホントにいい素材ですね。
小さな正方形の鍋つかみも作りましたがなかなか地味に活躍してくれてます。
P1010910_20091005234746.jpg



満天の星空を眺めつつ、静かに音楽を鳴らしながらアルコールのない夜を過ごした。
と、書けばいい感じに聞こえるが、実際のところ口寂しさと寒さですぐに寝床にうずくまった。
monちゃんがある方からお借りしているルナソロを使わせていただきました。(本当にありがとうございます)
P1010912_20091005234739.jpg

hakusan

試しに持ってきたbig skyのquilt(左)は問題なく、コーナンマットも問題なく機能したが、結露がひどく一人用テントに二人で寝てる事もあり少しでも壁に触れようものなら容赦なく降ってきた。
(てかmonちゃんのarc goast(右)かなりいい。実物を見るとやはりウェブ上の情報だけではわからない魅力がある。生地の面積、ダウン量、ダウンの配置、シェイプ、それぞれがいいバランスをとれているのか、ダウンの偏りが全く無く重量比での保温性能をみてもかなりいいように感じた。 nunatakに魅了された。笑)

夜中になるとかなり冷え込んだようで結露も凍り、降られる心配はなくなったが今度はむき出しの顔(とゆうか鼻)が冷たくて、無理やり顔を突っ込んで寝た。
少し寒いときキルトで行く際のいい勉強になった。
バラクラバや花粉症用のカラスマスクがほしかった。キューベンキルトのStevenさん?みたいにバンダナを巻いてもいいかな

枕には「いろはす」のペットボトルを使ったがかなり薄いペットボトルなのでやわらかくクッション性がなかなかよかった。
まぁそんな感じで熟睡したわけだが8時に起きる予定がまたまた寝坊。

9:00 起床
グラウンドシートはまたまたコーナンで買った養生シート。たしかこのサイズで110gくらい。
P1010913_20091005234723.jpg

メシ食って、片付けてコーヒー飲んで一服なんてしていたらもう10時。

10:00 出発!!
P1010921.jpg

11:35 室堂着 ちょっと休憩


12:34 白山頂上着。と同時にガス
P1010940.jpg
一時間程ボーっとmonちゃんと喋りつつガスが抜けるのを期待したがいっこうにダメ

13:30出発

時期を過ぎ完全に枯れてる高山植物の群れをゆっくり眺めながらお池周りを楽しみ、
P1010955.jpg

P1010958.jpg

P1010945.jpg



室道でゆっくり昼食を食べる
hakusan

15:30 出発
P1010915.jpg

帰りも水溜りでサンショウウオ発見!またまた遊んでもらった。
hakusan

砂防新道の長いくだりはほぼ走って下った
hakusan

17:30 別当出合着
hakusan

市ノ瀬までのバスが18:00まであると思っていての時間配分だったが、どうやらバスは17:00まで。
『うわーもっと早く室堂でるべきやったー』と思いつつも、それでも歩いて一時間半ぐらいの道のりなのでバス道を歩いて帰る事にした。
しだいにあたりも暗くなり、ヘッデンで照らしながら歩いたが、いっこうにmonちゃんが前にも後ろにも行くことなく隣を平行して歩いてる。ん?さては・・・と思い、冗談のつもりで大きな声で脅かした。
結果、本気で怒られてしまった。

まぁそうこうしてる間に市ノ瀬到着!


ネットで色々調べていると全く同じルートを日帰りで行っている人がいて驚いた。すげー。
いつか早朝出発でチャレンジしてみようと思う。

タクさんなら余裕なんやろな~。

ところで今回は軽量装備でいくとゆうことで、ザックを09Revelationにした。
厚めのcubenで作られた200g程度のザックだが、わりと強度があり、その上背負いやすくかなり気に入った。軽い道具を詰めて軽いハイキングに行くのであれば強度的には全然問題はないと思う。
spinnakerやシルナイロンよりは安心感がある。
ただ、改善して欲しい箇所が一つ。。サイドポケットがかなり深めに作られていてボトルを取り出しにくい。滑りのいい素材とゆう事で収納物が滑り落ちるのを回避した作りなんだとは思うが片方だけもう少し浅く作ってほしかった。
(今回は外付けでボトルポケットをつけた)

それに合わせてちょこちょこ集めてた軽い装備を詰めていくと自然とウルトラライト風になった笑
懲りだすと止まらない。けど楽しい!

いつも軽量化は意識はするもののこんなに軽い荷物でテン泊は初めて。
いつもなら酒&おつまみは絶対持っていくけどそれも我慢した。(後で後悔)
が、重量的には全然持っていっても問題なかったな。

実際ルートは前回と全く同じなので水場や危険箇所(そんなに無いけど)も把握していて自分なりに安心して装備を決められた。monちゃんとうまく装備を配分する事でさらに軽くなった。

それはもう前回から比べると信じられない程の軽さで、前回辛くてたまらなかった別山までの登り道も実はそんなにきつい登りではない事に気付いてしまった。

もちろん、まだ自分は経験も浅く、何度か想定外の危険にも遭遇してるので、時期や状況、計画によりその時々で分相応の軽量化を考えないといけないと思っている。
あと楽しみは極力削りたくない。やっぱ酒はほしい!

経験、知識、情報収集能力、お金があればシビアな環境下でも安全を前提とした中での軽量化が考えやすくなるやろけど、自分にはまだまだ経験も知識も足りない。

もっと山に行かんとわからんな~。
ちなみに周りには経験も知識も豊富な方々がたくさんいて、いつも色々教えていただいています。ほんと助かってます。

今回、軽さの魅力も存分に堪能し、なおかつ自分には必要だなと思う+αの楽しみにも気付けたのでよかった。


                                 iketti





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。