スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大峰・前鬼/装備/mon

oo


久しぶりのテント泊だったから、準備をするのに、なんだか時間がかかった。

テントはSpin Shelterにしようか、MLDのDuomidで行こうか悩んだけど、Duomidがどんな感じなのか寝て確認したかったからDuomidにした。
pandamanさんのDuomidはバグネット付きで480g(実測)。
本当はシンプルに建つテントなのに勉強不足で、手こずってしまった・・・。
寝心地、居心地がいい、テント★
室内空間が広くて、前に使ってたMSRのハバハバとほとんど同じ感じ。

この季節に気になってくるのが、虫。
ライト灯すと虫がテント内にかなり集まってくるから、極力ライトなしで過ごした。
寝る前に一応テント内の虫の数を確認して逃がせれる虫は逃がそうと思った。

羽系の虫はどうにか逃げてくれたけど、足の長い、羽虫や、蜘蛛が取り残されてしまった。
足が長いから、バグネットにからまってしまうみたい・・・。
Silnylonの所まで上って来て、叩き落すけど、やっぱりバグネットに足を絡めている蜘蛛達・・。
外からの虫は避けれるけど、内から逃がしたい時には困った。

けど床なしな限り、我慢しかないと思った。




【 装 備 】総重量→3890g(食料+水+燃料 抜き)
 + 両手にLightrek™ 4 Trekking Poles /199g(2本で)



Sleeping→Tortal   1864g
-------------------------------------------------------    
シェルター→MLDのDuomid /480g
ペグ→6本/6本x6g=36g
ザック→EXODUS(MLD) /390g
寝 袋→Sky High Bag300/612g+袋22g=634g
マット →RIDGEREST/128g
グランドシート→花用セロファン / 65g+小15g= 80g
テントシューズ→montrail外側だけ /105g+袋11g=116g



Cooking→Total  163g
--------------------------------------------------------
snow peakの極330ml /cup46g+蓋20g=66g
CFコジー / 7g
Esbit Wing Stove/ 11g
アルミホイル風防    / 7g
CF   /3g
チタンスポーク / 20g
Granite gear袋 /xxs29g
ライター / 20g



その他→Total  436g
--------------------------------------------------------
ヘッドランプPETZL(TIKKAXP)/91g 
MSRパックタオル / 21g
PLATYPUS2(2.5)/ 36g
gorirapod / 48g
カメラ LUMIX /188g
歯ブラシ    / 10g
コンパス→9g
地図→33g



防寒着→Total  1427g
--------------------------------------------------------
レインウェアー 上下/194g+241g=435g
ニット帽 / 52g
Patagonia.R2 /303g
'' capilene/140g
Montane.Aero/73g
Montaneソフトシェル./285g
north faceインナー/103g
靴下     / 36g


前回の明神平に行った時と比べて、かなりコンパクトになった気がする★
季節も違うし当たり前だけど、やっと、自分のスタイルが見つかった感じ♪



mon
スポンサーサイト

大峰・前鬼(2009.6/27・28)/mon

久しぶりの山でのテント泊!戯山さんと、下北山村の不動七重滝の奥の黒谷の吊橋から、深仙小屋まで。
ゆっくり出発の3時スタート!
oo
久しぶりの1泊だから、本当に楽しみにしていた★

oo
大きな木がいっぱいで、右を向いても、左を向いても立派な木だらけ!
oo
そして、大きな岩!!

やっぱり、山っていいな~って感じた★

oo

深仙小屋に着いたのは午後6時過ぎ。
テントを建てて、空を見たら、こんなに綺麗な空が広がっていた♪
今回はpandamanさんに、私がずっと気になってたMLDのDuomid(テント)をお借りしました★
pandamanさん、ありがとうございました♪
oo

ご飯を食べて、10時に就寝。
朝方の3時に、1回目が覚めた。

雨の音・・・・・・。

テント大丈夫???
シームシーリングしてないよ!!
風きつくなってきたよ!!

って一人で心配してたけど、安心できることを思いだした。

雨中訓練
そう、beyondさんと pandamanさんが雨中訓練をしていた!
その時も風がきつかったけど大丈夫だったから、きっと今日も大丈夫って思った!

雨だし、朝もゆっくり。

oo


雨だけど大きな防水袋も持ってないから、レインパンツに濡れちゃいけない物を詰め込んで、グランドシート(セロファン)で包んでザックにI N !!

oo

これで外からの雨は入んない★

oo

下りはたくさんの生き物と出会った。

oooo
   ↑大きな蛙     大きな蛙を蛙のポーズで撮るkajiyan。↑

oo
      ↑
     恐 竜★



可愛い生き物だけじゃない。


oooo

両足、山の吸血鬼にやられた・・・。
久しぶりにヤマヒルにやられた・・・。
このルートは谷だからヤマヒルがかなり多いんだって・・・。

嫌なこともあったけど、いいこともあった。
小仲坊で、私の足についてる蛭をみて話しかけてくれた、オジサマ、オバサマ達が、小屋で作った、豆ごはんのおにぎりをくださった★

ちょうどお腹もすいてて、本当においしく頂きました★
oo

山の出逢いって、温かくて、やさしさを感じる。
人にも山にも優しい自分でいたいと思った♪


mon

CFコジー/mon

前の土日は山に行かずに、街にいてました。
父の日だから、家族で楽しく過ごしてました★

久々にCFで工作。
CFについて、調べたいことがたくさんある。
保温効果、熱伝導率・・・。

とりあえず、何か作りたくて、、、snow peakの極330mlのカップのコジーをまだ作っていなかったので、作ってみようと思い作ってみました。

cf

今回も、これといった案もなく、ハサミを握ってしまい、思うがままに作りました。
けど、作るなら、便利なものがいい!
だから、取っ手の部分を覆ってしまい、沸かしたてをいつでも手に取れるようにしてみた。
あと、縫い付けるのもいいけど、取り外し可能にしたかったので、チョット一工夫。

cfcf


cfcf
↑ホックとスナップボタン        ↑ホックで火傷しないように包む


cf

1と2のホックは、本来の組み合わせじゃないです。
cf
↑引っ掛けられる方はサイズが大きいものを。

cfcf
↑引っ掛ける方はサイズが小さく、角度のついているものを。

本来のペアで使わないことで、とても、引っ掛けやすくなる。

気になる重量は、7g。
CF7g+Cup45g=52g
cfcf

今回はCFを周りに巻いただけなので、底はむき出し。

これからサンシェードでもコジーを作って、どの使い方が便利で、実用的で、保温効果があるかなどなどを調べるつもり★


CFストーブ実験

ずっと、CFで実験がしたくて、でも時間がなくてできなかった。
けど、もう睡眠時間を削ってまでして、実験がしたくなってしまった。

最近、『炎』について考えてた。
今まで考えたこともないし、どちらかというと、火を見るのは好きけど、動物と同じで、触ったり、操ったりするのは苦手。。。。

だから、本当に、素人だから炎自体から勉強しなくちゃ!!と思った。
身のまわりにある火。

そう!キッチン!!
家のキッチンのコンロはどうなってるのか見てみた。

hi

昔のスタイル。『ああ~こんな感じ。』くらいの学び。

もう一つのキッチンコンロは、、、

hi

最新??のスタイル。
コレスゴイの!!
火の出る所がくぼんでて、中で風が起きてて、火が一方方向にむいて出てて、中央の火はまっすぐ上にのびてる。

こんな感じのストーブがいい!!

風がでてた。
『炎』のこと調べてる時も、新鮮な風は大事って書いてた。
キャンプ場のかま場なども、新鮮な風の通り道を作るために穴が空いてあったりしてた。

色々と何日も考えて考えて、JSBさんの案が一番ぴったり来てた。

けど、ステンレス格子五徳ももってなけりゃ、五徳も持ってない。
けど、あのイメージで、、思いつきで、、とりあえず、感じたままに作ってみることにした。
hi

本当に思いつきでハサミを握ったから、アルミじゃなくて、気付いたらスチール缶で作ってた。
窓の大きさや、穴の位置、数は適当(笑)
まずは、作ってから!!って思ったから。

hi

20分くらいで作った。
見た目は悪いけど、なんだか面白くなりそう!!
真ん中らへんには、CFをグルって内側に巻いて、写真には載ってないけど、底にCFの巻いたものを縦向きに置く。

そしたら、
hi

火が上にのびた。
これは、必然なのか、偶然なのかわからないけど、コンロと同じ色の同じ形の火♪

上にロッキーカップを乗せると、こんな感じ。
hi

風の事は考えたけど、上の五徳の事を考えてなかったから、T's StoveさんのサイドBをイメージして上の部分を作った。

火力がいい感じだとあんな風になるけど、火が強い時は、、、
hi

こうやって、下からも火が出ちゃうからもっともっと考えて改良しないとって思った。

一応、量ったら13gだった。(直径φ50mm、高さ50mm)

また実験してみまーす★



愛宕山/装備/mon

今回の装備はコレ(総重量→だいたい1496g+水+行動食)
     ↓↓↓↓↓
atago

Go Lite→JAM   670g
Go Lite→カッパ上 194g
gossamergearのTrekking Poles→199g
EVERNEWの傘→97g
PETZL(TIKKA XP)→91g
方位磁石→9g
地図→33g
財布(GraniteGear)中身入り→36g

Cooking System→136g
atago

SPの極330ml→46g
蓋→20g
風防(アルミホイル)→7g
カーボンフェルト→2g
FireSteel→25g
Titanium Esbit Wing Stove→11g
フォルダカップ→25g
アルコール→適量

MLDの袋→31g
atago

こうやって、アルコールとCooking SystemがMLDの袋に綺麗に収まるのがいい!!

今回はあえてライターをもっていかなかった。
FireSteelだけでどうにかなるって思った。

けど・・・なかなか難しかった。
CFにアルコールが全部染みてしまうから、うまく着火できない。
アルコール量を増やして、Esbit台にアルコールがプールみたいになってたら、点きやすかった。

やっぱり、ライターいるかも。
ライターがあったらCFに直接点火できるから。

また勉強になった。


mon

愛宕山(2009.6/14)/mon

今日は、お母さんと京都の嵐山にある愛宕山に登ってきました。
(清滝から)
お母さんと、というのも、自治会の代表でmon家が愛宕神社まで行くよう決まったから私は付き添いで登ることになった。
目的は、愛宕神社で火事にならないようにと、キッチンに張る御札を自治会分(60枚)買うことと、しきびの葉っぱを持ち帰ること。

私は、山を楽しむためandお母さんのサポートをすることが今日の役目。
お母さんは山経験ほとんどなし+運動を最近してない。
ということで、お母さんには、gossamergearのTrekking Polesのみで行ってもらうことにした。

だから今回はちゃんとした装備で山へ♪
atago

私はいつものペースで登ってたら、どんどん進んで、いろんな人を抜かして、でもお母さんの水係なのでお母さんを待って、また他の人に抜かれての繰り返しをしてたら、
ある、オジサマ夫妻にあだ名をつけられた。

『かっとび娘』・・・と。

それから、出会うたびに『かっとび娘は元気やな~!!』などお声をかけてもらって楽しかった。

atago

2時間ほどで到着!!
ずっと、階段ばっかりで、何回か自分とお母さんを励ました。

atago

神社だから鳥居がたくさんあったり、いろんなkajiyanとも出会った。
atagoatagoatagoatagoatago
    可愛い系↑       髪型オシャレ系↑      ノーマル↑  今風オシャレ系↑    マッチョ系↑

atago

いろんなkajiyanを見た後はcaffee time★もちろんカーボンフェルトで★
その後お母さんはSleep time★私はfree time★

atagoatago

そして下山。
上りの時は、『かっとび娘』として、何名もの方々と、顔なじみな感じになったけど、、、、

なんか、下りは、初めて会う方ばかりなのに、通り過ぎた後、視線を感じる。。。
なんで??
チョット振り返ってみると、目があったり、、、。

?????????

改めて、自分の影を見て、その訳が分かった。

atago

Go LiteのJAMってこんな影???(笑)

そして、今度は、下山中に出会ったおじいちゃんandおばあちゃんにあだ名を付けられた。


『天狗の子』・・・と。


後ろから写真を撮ってもらった。

atago

自分でデジカメを見て笑った。。

確かに・・・天狗・・・。

しかも、下りはほぼ小走りで下ってたから、おじいちゃんandおばあちゃんからすると、かなりリアルな天狗姿だったと思う。
ピョンピョンと、赤いスカートの、葉っぱだらけの・・・・・・=天狗!!って。

この姿のおかげで、下りも顔なじみな感じの人がたくさんできた♪

atago


今日も楽しいハイキングでした♪


mon

My favorite book/mon

最近、はまっている本がある。
それは、、、、
            ↓↓↓↓
             コ レ。
book
ちなみに、999g。
1g抑えたのかな~?。
1000gだったら視覚的に重たく感じるから??。

そうそう、これはbeyondさんから、お借りしている、大切な本。
中はもちろん、Englishだらけ・・・。

英語ができないから、写真や挿絵ばっかり見て雰囲気で読んでる(笑)
けど、意外と面白いし、解っちゃうこともある。

縫い方とか、タープの張り方とか、キルトについてとか。。
気になる所から読んでいこうと思って、いつも枕元に、この本と辞書を置いて、寝る前とか寝転がってる時に見てる★

気になることが多すぎて、ワクワクしてくるな~♪


mon




ヨーロッパのBackpacker/mon

去年の7月にフランス→スペイン→ポルトガルへ行ってきた。
といっても、目的は山とか、shoppingとか、観光地巡りでもなく、田舎へ行ってきた。
その時に出会った、Backpackerたち★
franfran

fran

朝5時くらいに散歩してたら、石畳の道わきにある、ベンチや階段に寝袋で寝てる人が数名いた。
現地の人に聞いてみると、教会巡りをしている人が多いらしく、ピレネー山脈を越えて教会をいくつもまわっているみたいです。


fran

fra fra fra

中には、こんなユニークな帽子の人も★
                 ↓
fran

山に道しるべがあるように、ヨーロッパにも道しるべがたくさんあった。
山だけではなく、街の中にも!!道路標識のように当たり前な感じで、そしておしゃれに!

貝殻のマークで示されていた★そして貝殻を付けてるBackpacker。
貝殻の意味までは聞かなかったけど、ヨーロッパの言い伝えがあるんだと思う。
frafra

なんでか分かんないけど、みんなかっこいいな~って思う。
好きなことして、楽しんで。
お年を召した方も、なんだか雰囲気があって、渋く、かっこいい!

私もおばあちゃんになったら、いつも楽しんで、笑顔の絶えないおばあちゃんになりたいな~★



mon

ポンポン山/装備/mon

今回持って行った、火器について★
pon

去年の9月までは、ガスしか使った事がなかった。
そして、軽量化とか考えたこともない時に、Titanium Esbit Wing Stoveと出会って、軽さと、シンプルさにひかれて、なんだか分かんないけど、買ってしまった。

そして初めて、Esbitと出会った。
けど、Esbitを持って山に出掛けたことがない。
・・・・個数に縛られてる感じが嫌だったのと、当たり前だけど、個数で重さが変わってくることと、気分的に安心感がもてなかった。(もともと心配性だから、多く持って行っちゃうんです。)
あと、ベタベタになるし、、、。(使ってる感は出るけど♪)
だから、Titanium Esbit Wing Stoveの、山での使用回数0。

この5月~は、初めてGram weenie を使い始めて、アルコールの使いやすさと、安心感と、軽さを知って、もうGram weenieが1番好きだって思ってた。


けど、、、、、


Titanium Esbit Wing Stoveが好きになってきた★
それは、

カーボンフェルトと出会ったから♪

pon
         ↑
    乗っかってる黒いのが、CF


先日、JSBさん→Beyondさん→mon こんな感じで、CF(カーボンフェルト)が家にもやってきた。
見た目は、ただの黒い手芸用フェルトみたい。
ここにアルコールをかけて、着火するだけという、シンプルなスタイル。

はじめは、このフェルト燃え尽きちゃう??なくなる??
って心配してたけど、そんな心配いらなかった。

ポンポン山の頂上で2つのアルコールストーブを使って水を沸かしてみた。
そうすると、ますます、CFの魅力を感じた!!

1、Gram weenieのようなアルコールストーブは火が全体にまわるまで、だいたい1分かかる。
  そして、その間にアルコールが多少なりとも減ってしまう。
           ↑
           ↓
1、CFはアルコールをかけて、着火するとすぐに火がでて、しかも火が安定している。


2、Esbit用の所に置いて使うので、五徳が使えて安定している。
3、Esbitじゃないからベタベタしない。
4、フェルト自体が燃えないから、鍋つかみとして最適!!
           ↓
   以前、アルコールストーブで水がグツグツ沸いてたから、取ろうとしてMSRのパックタオルで掴んだら端っこが燃えた・・・。けどCFならそんな事にはならない。

5、アルコールがかかってると燃えやすく、アルコールがなくなると冷めやすい。
  だから安心して持てる。

6、フェルトの使い方によって、火の出方が変わるのと、フェルトの切り方によって高さも出すことができる。巻き数を増やすとその分、アルコール吸収率が上がるから、燃焼時間ものびる。

妹と一緒に沸かし始めたが、圧倒的にCFの方が早かった!!

Gram weenieのようなアルコールストーブの着火はいつも怖い・・・・。
明るい時は特に!!
点いてるの?? 点いてないの??   って。
火が回った後、カップなどを置く時なんかは・・・・火傷覚悟。。。。。。

けど、Titanium Esbit Wing Stove+CFだとカップを置いたままで着火ができて、すぐに火が点くし安心!!
手間いらず!!


本当に気に入っちゃいました♪♪
他にどんな使い方ができるか調べてみます!!!



mon

ポンポン山(2009.6/7)mon

今日は今までの寝不足を解消するため、お昼まで寝てました。
そして、昼過ぎから妹と、ハイキング!
妹は、山に行くの初めて★

なので、最軽量で山を味わえるグッツをもって、山へ出かけようと考えた★
私の装備は、
pon
こんな感じ。あとアルコールを少し持っていった。
ペットボトルは520mlで、19g。
いつものVolvicだと500mlで、23g。
このペットボトルは軽い!!


そして妹の装備は、
pon
こんな感じ。

風防は2人とも、アルミホイル。
本当なら、日帰りハイキングだし、昼過ぎからの出発だから、火器はいらないくらいだけど
、きっと頂上に着くころは風がきつく寒くなる。
そんな時に、自分のギアで火を使って、HOTドリンクを飲めちゃうという楽しさを味わってもらいたかったから重いけど持っていくことにした。


バックパックは何で行こうか・・・。
軽い日帰りハイキング用のはない。

EXODUS??JAM???

これだけの荷物なのに、大きすぎる。
そしてザック自体が重い。



だから、このスタイルで行った。

pon

イメージは、エマおばあちゃん
pon

妹には、このスタイルは特別だと、ちゃんと説明しておいた。
本当はちゃんとした装備じゃないとダメって。



2時間のコースを、1時間で登った!!
pon 
             ↑      ↑
             妹     mon


妹は山の頂上といわれている所に行ったことがない。
だから、テンションもかなり上がってしまって、2枚目の写真は、

pon

こんな感じ!!(笑)

思ってた通り、頂上は風がきつく、寒かった。
pon

2人でHOTドリンク作り!!
30分ほど休憩して、下山!
pon

帰りはずっと走って下った。
そしたら30分で帰れた。

そして、大好きな車に乗って家路へ!!
pon

妹も、初めてのハイキングを楽しんでくれました。
あ~、楽しかった♪


mon

RIDGEREST/mon

初めてのRIDGEREST!!
ri

さあ、どう、切ろう!!


まずは、半分にCUT??
それとも・・・・・・。。。。。。

ん¨~。

やっぱり、今まで使ってた、大好きなTorsoLite型??????


っということで、

CUTしちゃいました。




大好きなTorsoLite型で♪





ri



ちなみに、TorsoLiteは、  251g。
ri




そして、今回のRidgeLiteは、、なんと!!
ri
128g!!!!!!

しかも贅沢をして!!
ri

贅沢というのは、頭から、お尻下までちゃんと入って寝れちゃう長さだから★
普通だったら首からスタートで、頭の分なしだけど、チョットRich使用★

これで様子をみてみて、ちょっとずつ、切っていこうか、、、
と、考え中!!



mon



Lightrek™ 4 Trekking Poles /mon

またまたやってきた!!!!!

my Trekking Poles !!

去年のSHMWの1周年で明神平行った時に初めて、ストックを貸してもらって、その次の日から、ストックが欲しいと思い続けていた。
そのころは、軽量とか、全然考えてなかったけど、ストックが重いと、手まで疲れるから、極力軽いストックが欲しかった。
初めに悩んだのは、PETZL charlet Compact Composit125(406g)が出た時。
本当に買おうか悩んだ。


けど、、、、購入したのは、
po
です!

さあ、いつも通り量ってみましょう!!
po
なんと、ペアで、199g!!!!
驚異的!!

po
あと付属品。

もっと詳しい所を調べよう!!
po

<<長さ>>
最短→83cm
最長→145cm
けど、こんなに伸ばしていいのかわからない・・・。
とりあえず、
po
ここのつなぎ目部分を10cmくらいかぶせた時の最長です。

ストックをスポンッ!て、外した時の長さは、
上→74cm
下→81cm

下から34cmの所からグルグル模様になってます!
po

そして持つ所は、こんな感じ。
po

ちなみに、Longを買いました。
私の身長にはかなり長すぎるけど、、、、
色々考えて、Longにした。
私の軽量が始まったのは5月。

このストックの注文の時はそんなに深く考えてなかった。

まさかSpinnShelterを買うとか。

けど、いつかタープ張る時が来た時、長い方がいい??
とか、Longにして、自分の使う長さで使ったら、重なり部分がShortよりも多くなるから、強度が増す。
とか。

これで、山歩きも楽しくなるし、SpinnShelterも張れるようになるし、ワクワク度UP!!!

早く山にお出かけして、個室を張りたいな~♪



mon


SpinnShelter★mon

待ちに待った、物がついに日本に、、
いやっ、、我が家にやって来た!!!!

spin


WELCOME !!!!

Gossamer Gear!!!!

WELCOME !!!!

SpinnShelter!!!!

本当に本当に嬉しい♪
まずは量ってみよう!!

spin

シェルターだけで、252g★

SPIN

袋は、11g。

SPIN

紐は一応、KELTYとGossamerの紐を量り比べたけど同じだったので、出入り口がどっちか解りやすくするために、紐の色をかえてみた。
ちなみに、2m20と、2mでとった。
あとClam Cleat Mini Line-Loc Glow 2個。

=13g


SPIN

ペグ、6g

これも念のため、全部量ったけど、すべて6gでした。

本当に軽い!!
早く建てたいけど、ストックがない、、、、、。
いつも、beyondさんにお借りしてたから、、、、。
でもストックは今、到着待ち★

また紹介しますね♪

は~♪これで寝るのが楽しみでしかたない!!!
届いて、幸せいっぱいです♪

雨の日のアイテム

雨の日のアイテムと言えば!!

傘!!

ずっと気になっていた傘があった。
けど、買うところまでいかず、買うタイミングを待っていた。
前の土曜日は雨予報。
あえて、傘は持たずに出かけて、雨が降ったら買おうと思ってた。
そしたら、案の定、雨が降ってきた。

傘購入決定!!

EVERNEWの傘。
kasa

傘の直径90cm・軸50cm(最長)カーボン製
閉じたときは、長さ21cmの幅4cmくらい。
UVカット付き!!
値段は、10%OFFの3685円と可愛くないが、すごくいい感じ!

雨上がりの空にはこんな素敵なプレゼントも★
niji

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。