スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六甲地獄谷~(2009.5/31)

この日もまたまた、戯山さんにお世話になり初めてロープクライミングに挑戦!!
地獄谷から登り、A懸垂で懸垂下降とトップロープでのクライミングをしてきました。
ハーネスを買った時から、楽しみで、ワクワクしていた★

下から岩壁を見上げると、楽しそうだな~って思ってたけど、、、
上から岩壁を見下ろすと、最悪な感じ、、、。
ro

kajiyanに教わりながら、ロープに身をゆだねて、初、懸垂下降!!
ro

出だしがすっごい怖かったけど、途中から、コツ?がわかったように感じた。
そのあと、kajiyanにビレーしてもらって、この岩を登って、下りて。
ロープがあるとこんなにも安心できるんだ~って、身にしみて感じた。

ro

この土日は、初めての事がたくさんあって、変な天気だったけど、すっごく楽しく過ごせました♪
日曜日最後の締めくくりは、、、、
ba
淡路島バーガー★
チョット、移動中寝ちゃったのでお店がどこにあるのかわかりません(>o<)
きっと西宮??
曖昧でごめんなさい。。
けど、玉ねぎは甘いし、お肉はジューシーだし、パンは毎日朝に焼くほどのこだわりで、本当においしかったです。
ちなみに、この写真のは、レギュラーバーガーに、スモークベーコン、チェダーチーズ、月見、オニオンリングの全部をトッピングしました★

一度、ご賞味あれ
スポンサーサイト

アルコールストーブ製作!

土曜日、戯山さんに教えてもらいながら、アルコールストーブを作らせてもらった★
sto

細かな、細かな作業で、私だけじゃ、難しかった。
kajiyanが手直しをしてくれて、完成しました★

sto

kajiyanが作ったら、火が出る周りの穴もまっすぐ整列して均等だけど、、
なんだか、私のは、パレードみたいに穴が自由になってしまって、ちゃんと火がまわるか心配だったけど、何とか大丈夫だった♪

sto

今まで使っていたGram weenieはikettiのを借りていたので自分用のアルコールストーブは初めて。
そして、初めて自分で作ったから、出来上がった時に嬉しかったし、手間をかけた分、愛着もわいてきて、本当にお気に入り!!
だからこそ、この一つを大切にしたい★

Cooking system

今日は雨なので、買い出しの旅に梅田まで行ってきた。
今日の目的は、軽量のCookingシステムを見つけること。そして、買うこと!

今までは、MSRのチタンケトルを使っていた。大きいし、使いやすいし、なかなか気にいっていたが、一人にしては重いと気付いてしまった、、、。

というか、気付かされてしまった。
その助言者はもちろんBさんと、Eさん

いろんな店にいって、調べてきた。(デジタルスケール持参)

はじめに見つけたのは、
cup
EVERNEWのチタンカップ。
400ccで60g。

他もあたってみるっことにした。
発見!!
cup
snow peakの極330mlのカップ、45g。

そして蓋、20g。
cup

beyondさんが教えてくれたSETがいちばん軽かった!
けど蓋がカチッっとはまってくれない。
だから蓋だけ探したら、カチッと来るものがあった!
左の方!!
cup
         ↑                ↑
       アルミ製             チタン製 
重さが気になったので量ってみると、
cup

10gも重くなってしまった。
チタン製でカチッとくるものが欲し~い!!

結局、snow peakの極330mlカップと極の蓋を単品で取り寄せてもらうことにした。
ちなみに値段は、
極330mlカップ→1670円
極の蓋→840円

でした。

届くのが楽しみ★


gear note/mon

note

これは私のgear notebook!!!
山を本格的?にやり始めたのは去年。
それまでは大学生の時からしているボランティアで子どもたちと山に行く程度。

gearは全然持ってないけど、今年に入って、軽量化することが楽しくなって、好きになって、自分のギアの重量が気になってきたので、ノートに書いていく事にした。


【Tent】テントはHubba Hubbaしかもってないけど、それを、フライだけで使うことで軽量化!!
note

【Sleeping goods】
note

【袋 系】
note

【Cooking goods】
note

note

【小物系】
note

note

あとは、Wear系だけ。

ノートに書いておくと、いつでもどこでも見れるし、用意をする時、どの組み合わせで行こうか、、、
と、考えやすくなる。
お店でも、グラムの比較がしやすいし、今はこのノートが離せない!!

mon






長野より2


9日間の太平洋~日本海縦断中に見えた富士山。
途中、沢登りやロッククライミングを挟みながら自転車中心に神奈川県の海から新潟の海まで渡る。
マウンテンバイクで峠をいくつも越えた。

P1000986.jpg

クライミングしたり。

P1000993.jpg

沢登りではあえて滝の流れの一番強い場所を無理矢理登るというかなり過酷な体験。
雨の影響で川が増水している中を登っていく。
立ちながら溺れかけたと言っていた写真。
滝の水圧で足も手も進まず登りきるまでかなり時間がかかった。

P1000968.jpg

二日間は身体の休養も兼ねて45km程のソロウォーク&ツェルト泊。

P1010017.jpg

仲間とボルダリング。

P1010100.jpg

     ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
     ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

P1010092.jpg

P1010072.jpg

今週はクライミング。
岩や橋や、いろんなところから、下りたり、登ったり。
また、レポートします。

iketti

明神平/装備・mon/2009.5/23→24

荷物を軽量化することで、苦手な上りも楽しく上れることを知ってしまい、最近はいかにして軽くするかを考えてしまう。
ikettiが長野なので、山に行く時はもちろん、私1人でソロ装備を持たなければならない。
今回は、Beyondさんにシェルターをお借りして、自分なりに色々と軽量化してみた。
これからは、装備も記録して、それを参考に研究してみたい!
ゲームみたいで楽しいし、山登りも楽しくなる★

シェルターは SpinnShelter
spin
私の身長は164cmだが、十分快適にすごせた!!
myou
けど、明神平は湿気がひどいので、もちろん結露もひどい!!
軽量化するには我慢しかない。。。

装備を書き始めると、自分でも気付くことがあるし、勉強になる。
軽量化は始めたばかりなので、みなさん教えてください!!


【 装 備 】総重量→4442g(行動食+水+食事 抜き)

Sleeping→Tortal   1899g

シェルター→Gossamer Gear SpinnShelter /280g
ザック→EXODUS(MLD) /390g
寝 袋→Sky High Bag300/612g+袋22g=634g
マット →TorsoLite /251g
グランドシート→花用セロファン / 65g+小15g= 80g
テントシューズ→montrail /253g+袋11g=264g


Cooking→Total  420g

MSRチタンケトル /133g
ケトルコジー / 31g
Gram weenie / 16g
チタン風防    / 8g
燃  料 / 135g
ロングチタンスプーン / 12g
フォルダカップ / 25g
Granite gear袋 /xxs29g+11g=40g
ライター / 20g


その他→Total  422g

ヘッドランプPETZL(TIKKAXP)/91g 
パックタオル切れ端 / 12g
PLATYPUS2(2.5)/ 36g
injinji手袋 / 30g
gorirapod / 48g
カメラ LUMIX /188g
歯ブラシ    / 17g


防寒着→Total  1701g

レインウェアー 上下/194g+241g=435g
ARCニット帽 / 98g
Patagonia.R2 /303g
'' capilene/140g
ICEBreaker /140g
ARC DBJ /476g
Montane.Aero/73g
靴下     / 36g

mon

明神平Tent Session(2009.3/23→24)

Sky High Mountain Worksの『Tent Session in 明神平』に参加★
昼過ぎから、車で向かった。

この日は、Beyondさんと、、、、
なんと東京からのゲストerokachouさんの3人で、明神平へ向かった。

myou
erokachouさんとは初めてお会いしたが、お伺いしていた通り、面白くて、山歩きの速度が速い方だった!!
もちろん、Beyondさんも早い!!
3人で登っている時は2人がまるで兄弟のようだった★

myou
水を汲む時も、

myou
タープを張る時も、

myou
いつも一緒♪

myou
明神平に着くと、たくさんのテントがあって、たくさんの人がいて、みんな幸せな気分で、

きっと、それは、、
myou

わーみーさんと、純ちゃんの結婚のお祝いだから♪
本当におめでとうございます♪

夜はみんなで、お話したり、ナイトハイクしてみたり、たくさんの方々と楽しい時間を過ごした。
けど、楽しい時間はあっという間に終わってしまう。
寝て数時間たって、雨が降って、雨の中下山。
けど、そのあとみんなで行った温泉は最高だった★

たくさんの出会いがあって、たくさんの幸せをもらって、本当に楽しい2日間でした。


mon

長野より

メモ代わりなので無視して下さい。


今日で9日間の太平洋~日本海縦断はとりあえず終わり今は長野にいます。
途中、沢登りやロッククライミングを挟みながら自転車中心に神奈川県の海から新潟の海まで渡る。
マウンテンバイクで峠をいくつも越えた。

最後の二日間は身体の休養も兼ねて45km程のソロウォーク&ツェルト泊

沢登りではあえて滝の流れの一番強い場所を無理矢理登るというかなり過酷な体験をした。

立ちながら溺れかけたのは初めて。
滝の水圧で足も手も進まず登りきるまでかなり時間がかかった。
てかマジで死ぬかと思った。
明日は完全な休養日。

昼から仲間と白馬まで飲みに行きます

最近ずっと4時起きです。
携帯からで写真無しなのと、唐突な文章で意味がわからなくてすみません。

あさってからはまた活動開始です。


iketti

袋ごはん用コジー

サンシェードを使って、袋ごはん用コジーを作ってみた。
山に行った時、必ずと言っていいほど、お世話になる袋ごはん!
これを使って早くおいしくいただけるかな~。

ko
重量は27g・・・2重構造
     (内袋→10g ・ 外袋→17g)

かさばらなくて、食べやすい物にしたかったので底をあえて貼り合わせず、ただの袋のようにしてみた。袋ごはんは、どこのメーカーもだいたい同じ大きさだったので作りやすかった。
ko

寸法は書いている通り。
袋ごはんを中に入れた時コジーの下の部分を押し上げて底をつくる。机でコジーを自立して立たせたかったので、角の空気はあらかじめ針を刺してぬいておいた。(内袋も外袋も)

テープでとめた部分は、下から8cmの所。
ごはんが出来上がった時、温めておきたい部分はごはんのある8cmの所。
ko
温めている時、切れ込み部分から熱が逃げないように、羽?をつけた。
羽をたたんでから、上の蓋をしめて、マジックテープでとめる。
ごはんが膨張するので羽は固定せず、蓋にはさむだけ。
ko
食べるときは、折り込んで使う。
ko
こんな感じ。

いつもなら15分かかるごはんが、半分の7分で完全にできていた。
保温も1時間以上保っていた。

コジーってすごいな~!!
けど、もう少しシンプルに軽くできるか、考えてみよ~っと。

mon

デジタルスケール

軽量化するための必須アイテム!!
デジタルスケールをやっと手にいれました。

po

今までは重さを両手に乗せ比べて感覚で測ってたけど、これからは正確な重さがわかるからもっと軽量化を意識できそう!
いろんなものを、測ってるとワクワクしてくる!

ちなみに、ぽたっぷは16g。
ってことは、、、
gr
Gram Weenie と同じ!

使える16g=置物の16g

測るって勉強になるな~。

mon

弥山⇔行者環トンネル西口(2009.5/9→10)

ikettiが長野に修行に行ってしまったので、これからはmonが慣れないブログを書いていきます!

よしっ!!

misen

弥山に行ってきました。
GW明けに、戯山さんからお誘いがあり、ご一緒させてもらうことにしました。前日にbeyondさんも参加することに決定。4人でハイキング!ikettiがいないハイキングは初めて、、、装備は全部自分で背負う、、、、上りが苦手=軽量化が必要!とか、、山に行くことが楽しみでドキドキしたり、色々考えてたら結局、朝方まで眠れなかった・・・。

天気は快晴。
雲ひとつないくらいの青空。

kajiyanの車で、行者環トンネル西口まで行き、ハイキングスタート!

mi

山の中は、やっぱり気持ちよかった。
太陽が山を照らして、青葉がキラキラ輝いてて、心地いい風が吹いて。

苦手な上りもbeyondさんのアドバイスのおかげでいつもより楽しく上れた。
やっぱり、beyondさんはすごい!
mi
後ろを歩いてたはずのkajiyanを発見!!やっぱりゴツめのストック。
休憩中のkajiyanの周りを一応1周してから頂上を目指す。

歩き方を分析しながら歩いてたら、あっという間に頂上に到着。
頂上では、カメラがおもちゃ代わり♪

misen

夕日がとってもきれいで、絵本のような景色がひろがってた。

夜になると、満月が出てきて、神秘的な景色が広がった。
mi

今日は軽量で行きたかったから、テントはフライだけで、中はタイベック、シュラフはSHMWのでSky High Bag 300で過ごした。
2時ごろに曇り始めて寒くなった。朝日が見たかったから反面は全開で寝てみたけど、快適だった。
mi

4時30分ころ朝日がでてまた空が色づきはじめた。
mi

山にいると、空の表情が変わって、山の見え方も変わって、色々楽しませてくれる。

mi

これは、前の晩寝れなかったからMSRチタンケトル用コジーを作ってみた。

楽しませてくれるのは山だけじゃない。一緒に行ったみんながいることが楽しい!

mi

   ↑防御する人、  ↑威嚇する人、   ↑伸びてる人。


mi

本当に楽しいハイキングでした♪

mon




六甲全山縦走 5/4

2日前の晩、お誘いがあり、おもしろそうなので急遽決定した。

前夜は用意とワクワク感で寝れず30分程しか睡眠をとれずに当日を迎えることに。。。

縦走路は56kmもあるらしく11月には六甲全山縦走大会というイベントが行われているらしい。

7:30より須磨浦公園から出発

眠気が出発と同時に襲ってきた。

摩耶山までは上り下りの連続。睡魔と急坂との戦いだった。

beyondさんは「俺はノンストップで登るぜ!」とか言いながら本当にノンストップで登っていった。

食事休憩や頂上に行くたびに休憩をとってたのでかなりのんびりハイクになってしまい、結果到着時間が大幅に遅れた笑
beyondさんすみません。

六甲山山頂付近にさしかかったぐらいから陽も落ちてきたのでヘッドランプを取り出すが、大事な事を忘れていた。。。電池残量があとわずかで光量が全然無く、足元ぐらいしか十分に照らせない。
そのせいか睡魔も再来。

足元に気をつけ縦走路をひたすら行くとやっと塩尾寺に着いた。
着くまではずっと「しおおじ」と呼んでいたが「えんぺいじ」と読むらしい。

そこからはずっと急斜面のコンクリート道。

コンクリートからのいじめにあったみたいで正直なんか腹たった。

延々と二人でしゃべりながら歩けたので今回もとても楽しかった


全山縦走路自体は自分的にはあまりおもしろくなく、しんどいだけで魅力は感じなかった。(須磨アルプスはなかなか好き)

もし、もう一度行くなら今度はコンディション万全かつ軽量装備で花粉もなく暑くもなく寒くもない秋の晴れの日に体力をつけてタイムアタックしてみたいが、まぁそんなワガママは神様が聞いてくれないだろう。

たまにはワクワク感に苛まれずにゆっくり睡眠をとりハイキングに出かけてみたいな



写真は面倒で3枚しか撮れなかった


ガーデンテラス付近のゴルフ場
P1000937_20090506041604.jpg

ガーデンテラスにてカレーライス
P1000938_20090506041604.jpg



大平山付近の夜景
P1000943_20090506041604.jpg









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。